個別指導塾

きめ細やかな対応

個別指導塾のメリットに、きめ細やかな対応が期待できるという点があります。生徒の学習状況を細かく把握したり、定期テストの対策を行ったりすることはもちろんですが、保護者対応においても集団塾にはない細や…

Read more »

時間の融通が利く環境

個別指導塾の利点として時間の融通が利くことが一番に挙げられます。集団塾はほとんどの所が学年やクラスによって曜日と時間があらかじめ決められており、部活や習い事を優先させるために決まった曜日しか空いて…

Read more »

授業料が比較的高額

個別指導塾は、授業料が比較的高額な点がデメリットとなっています。基本的に、指導する先生に対して生徒の数が少ないほど授業料は高くなる傾向があります。例えば、先生一人が生徒一人をみる1:1の授業形式よ…

Read more »

学習塾の入会キャンペーン

学習塾の多くは、夏休みや冬休みなどの長期休暇にあわせて特別な講習を行い、その際に入会キャンペーンを行っています。このキャンペーンでは格安で講習を受けられるところもあります。

質問がしにくい雰囲気

授業の流れを止めにくい

集団塾は先生一人に生徒が複数という形式の塾で、同じテキストを使い同じペースで授業を進めていきます。そのため、生徒が授業内容で質問したいところがあっても、大勢の生徒の中で全体の授業の流れを止めてまで質問をしにくい雰囲気があります。みんなが疑問に思わないところを尋ねてはずかしい思いはしたくないし、授業の進行で忙しそうな先生にも迷惑かもしれないと、生徒側も遠慮がちになってしまうのです。そういった理由から集団塾は授業中に質問がしにくい雰囲気だと言えます。本来は疑問点を解消することが全体のためもなるはずなのに、授業と授業の合間に質問する時間もあまりとっていないことも多く、結果的に疑問点がそのままになりがちな現実があります。

生徒の反応を授業に反映しにくい

しかし塾側としても、人数が多いせいで授業中に生徒の反応を見て授業に反映するのが難しいという現実があります。授業というのは指導者が問いかけ、生徒が反応してどこまで理解し合えているかを確認して次に進むというのが理想です。しかし生徒側も「その他大勢」になってしまっているので指導者の問いかけに無反応であることが多く、学校の授業以上にリアクションが薄いため、指導者側も小さな反応をくみ取って授業を進めることには限界があります。ですから、質問ができなくて困っている場合は早めに保護者から塾に相談し、質問できる時間を取ってもらったり気にかけてもらったりして、疑問点を解消できるように具体的な対応をお願いするのがいいでしょう。

© Copyright Secretive Cram Schools. All Rights Reserved.