授業料が比較的割安

生徒が多いから安くできる

集団塾の特徴として、個別指導塾に比べて授業料が割安なところが多いことが挙げられます。塾の経営においてはテキスト代やテナント料、光熱費を除けばほとんどが指導者の人件費であるため、一人の指導者が生徒をたくさん担当できればそれだけ指導者一人当たりのコストが下げられるからです。同様に生徒一人当たりの授業料も安く設定できるので、双方にメリットがあるシステムと言えます。ただし生徒の数が多くなりすぎると、生徒の授業を受ける環境は相対的に悪くなります。後ろの席だとホワイトボードが見えにくい、指導者の声が聞こえにくい、質問がしにくい、緊張感が保ちづらいなどです。そのため一クラス当たりの人数が多すぎる集団塾は、もうけに走っている可能性があると判断できます。

授業料と環境のバランスが大切

一方で集団塾はたくさんの生徒を集めることで資金が豊富に用意できることから、塾の登下校をメールで保護者に知らせたり、授業以外にも勉強や進路に興味が持てるようなイベントを行ったり、データが豊富なため進路指導に信頼がおけるなどたくさんのメリットがあります。保護者は生徒から授業に対する満足度を細かく聞いたり、各サービスが自分たちのニーズに合っているかなどをよく考えたりして、メリットとデメリットのバランスがメリットに傾いているかどうかを判断しましょう。塾は学力・料金・サービスがぴったり合えば上手に使うことができます。マッチングがうまくできていることが、志望校合格までの長い期間を塾と上手に付き合っていくコツと言えるでしょう。

中学生になると勉強も複雑になり、苦手分野も人それぞれ異なります。個別指導の中学生の塾ではそれぞれのペースにあわせて教えてもらうことができ、きめ細やかにフォローしてもらえます。

© Copyright Secretive Cram Schools. All Rights Reserved.