授業料が比較的高額

先生に対して生徒の数が少ないほど授業料は高い

個別指導塾は、授業料が比較的高額な点がデメリットとなっています。基本的に、指導する先生に対して生徒の数が少ないほど授業料は高くなる傾向があります。例えば、先生一人が生徒一人をみる1:1の授業形式よりも、先生一人が生徒二人、ないし三人をみる1:2、1:3の授業形式のほうが授業料が安くなる傾向があるのです。個別指導塾といっても1:1の授業形式だけでなく、少人数制のシステムを取り入れているところも多いので、どのような授業の種類があるのか調べてみることがおすすめです。また1:1形式の場合でも、授業時間の半分は映像授業を取り入れている場合もあります。そのような形式は先生が常に隣にいて指導してくれるわけではないので、どのような指導を受けたいかを考えておきましょう。

もちろんメリットも多い

個別指導塾は授業料が高額な傾向があることが一つのデメリットとなっていますが、メリットも多いため人気があります。メリットの一つは、一人一人に合った指導が受けられることです。学力の高い生徒に関しては自分のわからないところをその都度質問でき、希望する授業内容を指定できるなど、弱点を克服していけるような指導が受けることも可能です。また日ごろ学習習慣が身についていないといった生徒に関しては、自分に合った勉強方法を学び、学習習慣が得られるような指導が受けられるでしょう。どのような指導を求めているかによって、選ぶ塾も異なってきます。授業料だけに惑わされず、授業形式や内容をよく確かめてから塾を選ぶようにすることが大切です。

© Copyright Secretive Cram Schools. All Rights Reserved.